新しい飲食店開業
バックナンバー 開業・経営に役立つリンク 掲載広告企業リンク 広告のご案内 開業基礎知識 会社案内 お問い合せ
開業に必要な基礎知識
あなたの開業をナビゲーション
成功に導く独立開業マニュアル
 人生は一度きり!「自分の店を持ちたい」「やりがいがある仕事につきたい」「一攫千金を狙うぞ」と思うなら、”あこがれ””夢”とせずに具現化させていこう。焦らず自分なりに一歩一歩進んでいけばいいのだ。「急がば回れ」地道な歩みが成功への近道かもしれない。
さあ、勇気を持って、夢の実現に向けて一歩を踏み出そう!!

開業までのフローチャート
進行表
 「ローマは一日にして成らず」との格言があるように、開業という大事業は思いつきだけで出来るものではない。山あり谷あり、いくつものハードルを自らの力で乗り越えてきた者には華々しい未来が.....。だが反面、一歩踏み外してしまうと、それはそれは険しい道が待っている?さて、その成功へのプロセスとは何か?店舗流・開業マニュアルでは、まず、誰もが通るであろう大きな6つのハードルを柱に、開店に至るまでのプロセスのポイントを順を追って紹介していこう。

独立開業へ向けての決意
 独立を志す人にはさまざまなタイプがある。独立を目標にひたすら道を突き進む人もあれば、抑圧されたサラリーマン生活からの脱皮を図る人、あるいはリストラにより人生の路線変更を迫られた人など。開業動機にしても、能力を発揮したい、収入を増やしたい、定年がないなど、そのケースは千差万別。

 だが、開業して成功した人に共通していえることは、「絶対に成功してみせる」という気迫と熱意、確固たるビジョンがあることだ。特に気迫・熱意は、随所でその強さを発揮し、成功へのキーワードともいえる。
 まず、この時点で「とりあえず」とか、「儲かりそうだ」といった安直な発想ならば、中止した方がいいだろう。事業を始めるということは、想像以上に大変なことだということを肝に銘じておくべきだ。

 では、確固たるビジョンとは何だろうか。これも思いつきだけではダメ。「独立するぞ」と決意したら、どういう店にしたいか、場所はどの辺がいいか、そのための資金はいくら必要かなどから始まり、それこそ壁にかける絵1枚、皿1枚にだって気を抜かないこだわりを持ちたいもの。強く自らの思いをじっとあたため具体化していき、機が熟すタイミングをねらっていざ開店となる。開業を志した瞬間から、すべては経営者の視点で物事を見聞き思考する。多くを学び、迷いがないほどその道はスムーズに開かれるはずだ。

 次に業種の選択だが、前職の経験や資格を活かして開業する例は依然として多いが、近年、未経験分野で開業する人も増えている。その代表格がフランチャイズチェーンへの加盟。本部が開発した商品・サービス、経営ノウハウ、教育プログラムが整備されており、まったく経験のない素人にも開業を可能としている点にある。

 開業方法の選択は大まかに、自力での独立開業とFC加盟とに大別されるが、いずれにせよ「自分は何をしたいのか」ということを明確にしなければ、次のステップに進むことはできない。



1)開業の決意 2)資金調達 事業計画 3)物件探し 4)店づくり 5)開店準備 6)オープン



©2007 Tenpo.co.,ltd. All Righit Reserved.